ティーブレンダー熊崎俊太郎

ティーブレンダー熊崎俊太郎

紅茶の味はブレンドによって完成されます。収穫の年によって出来不出来がある茶葉は毎年、同じクオリティー、テイストでお届けするためにティーブレンダーがテイスティングし、選りすぐられた茶葉を使い、さらにレシピを調整するきめ細やかな作業が重要なのです。

弊社専属ティーブレンダー熊崎俊太郎について

弊社の誇る商品“アメージングティー”や“フィーユ・ブルー”はティーブレンダー熊崎俊太郎なくては語れません。英国に学ぶ伝統のブレンド技術を駆使しながら、お茶が本来持っている風味や味わいを独自のブレンドによって引き出します。日本の水の特性を知り、ブレンドによる個性の引き立て方を熟知しているからできる、熊崎俊太郎のお茶はまさに紅茶の芸術です。

熊崎俊太郎プロフィール

フィーユ・ブルー、アメージングティー ブレンダー /ティー・コーディネーター、
日本紅茶協会認定ティーインストラクター

熊崎俊太郎

幼少期より興味のあった紅茶の世界に学生時代に飛び込み、紅茶専門店~紅茶輸入商社勤務を経て独立。
紅茶文化に関する講演活動のかたわら、紅茶に関するコンサルティングやオリジナル・ティーのブレンド、商品企画を数多く手掛ける。ティーブレンダーとしてはオリジナルブランドの開発だけでなく日本茶、中国茶含めた茶全般を素材に最高の味を引き出す数々のブレンドを発表している。
著書の出版、テレビ・雑誌等のメディアへの出演も多く、 “紅茶界の貴公子” “カリスマ・ティーブレンダー”などと評される。
モットーは「おいしい“お茶”でみんな幸せ」。最新著作は「ハッピーティータイム(双葉社刊)」、「紅茶の事典(成美堂出版刊)」を執筆、監修している。

取材、後援、メディア出演依頼、喫茶関連コンサルティングに関するお問合せ
株式会社フィーユ・ブルー
Tel.03-5466-0038 担当:渡部