フィーユ・ブルーの紅茶

フィーユ・ブルーの紅茶

フィーユ・ブルーは紅茶界を代表するティーブレンダー熊崎俊太郎氏が長年培ってきたブレンド技術で日本の水や風土、食文化にあわせて開発した究極のティーブランドです。ご家庭でプロがいれる味を簡単に再現できるよう、三角ティーバッグの採用や新鮮さを損なわないための窒素ガスの封入など徹底して本格的なおいしさにこだわった商品です。フィーユ・ブルーの由来はその茶の原点である樹の“青い葉”を意味し、“新鮮な茶葉が持つ力強さ”と“ティーブレンダー熊崎俊太郎がつくる、素材の持ち味を最大限に引き出すブレンドティーの世界”を表現したものです。
ブラックティー、グリーンティーなど多様化した世界のティースタイルをご家庭や職場などのシーンに合せ“おいしく気軽に楽しんでほしい”商品です。

フィーユ・ブルーの美味しさの秘密

ブレンドのこだわり

従来の市販品の発想では考えられないフレーバーのテイストに合わせてベースとなる茶葉のブレンドを変えるという事を行っています。セイロンやアッサム、ダージリンといった代表的な紅茶のテイストとフルーツフレーバーの個性をそれぞれが引き立つように組み合わせられ、最もおいしいバランスで味が決定されているのです。

素材と鮮度へのこだわり

茶葉も農産物なので新鮮さが最も大事です。フィーユ・ブルーではブレンダーが産地から取り寄せた新鮮な茶葉から厳選。選りすぐりの素材をさらにおいしくなるようブレンドしています。そしてその瞬間の新鮮さをそのままお届けできるよう窒素ガスを封入した完全なパッケージにこだわっているからです。2年間おいしいまま保存できます。

水、風土へのこだわり

日本で日本人に飲まれることを考え、気候や食生活などの要素も考慮にいれながら、香りと味のバランスを日本の軟水でもっとも最適になるようにブレンドしており、とても良い香りとしっかりした紅茶本来の味を感じることができるのです。お湯に浸けすぎても渋くなったり、香りが極端に強いということがおこりません。

ティーバッグのこだわり

プロがいれるのと同じ状態、分量でいれられるよう、ティーバッグを採用したことです。
とうもろこしから作られた特別な素材の三角ティーバッグを使用し、リーフでいれたのと同じ状態で茶葉がしっかり開くことができる空間の広さを確保、さらにアクなどを閉じこめ本当においしいエキスだけを取り出すことができます。分量もティーカップ2杯分しっかりとれ、無駄がありません。自然素材なので使用後は生ゴミとして簡単に捨てられ、茶殻そうじの手間も省けます。